BIOGRAPHY

"Passages éthérés et climax explosifs ont trouvé sous son archet une plasticité saisissante et un nerf tenace."

"Ethereal passages and explosive climaxes sounded engaging, flexible, and intense under his bow."

 - Tribune de Geneve

「チェロがよく喋っていた。滔々と、自分の言葉で。」
"The cello was talking. Eloquently, in his own words."
- Asahi Shimbun

 2021年ジュネーヴ国際音楽コンクールチェロ部門日本人初の優勝、併せてYoung Audience Prize、Rose Marie Huguenin Prize、Concert de Jussy Prizeと3つの特別賞も受賞。

 パラグアイで生まれ、幼少期をスペイン、バルセロナで過ごす。13歳で第6回若い音楽家のためのチャイコフスキー国際音楽コンクールに全部門を通じ日本人初の優勝、第6回ルーマニア国際音楽コンクール最年少第1位、ルーマニア大使館賞、ルーマニアラジオ文化局賞を併せて受賞、第21回ヨハネス・ブラームス国際コンクール優勝、第11回ヴィトルト・ルトスワフスキ国際チェロコンクール第2位と次々と国際舞台で活躍し、これまでにソリストとしてワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団、スイスロマンド管弦楽団、ロシア交響楽団、 読売日本交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団等国内外のオーケストラと多数共演。また、ジャン=ギャン・ケラス、ダニエル・ゼペック、ホセ・ガジャルド、堤剛、諏訪内晶子、伊藤恵等、著名なアーティストと共演し好評を博す。 NHKBS「クラシック倶楽部」、NHKFM「リサイタル・ノヴァ」、「ブラボー!オーケストラ」、テレビ朝日「題名のない音楽会」等に出演。


 桐朋学園大学ソリストディプロマコース全額免除特待生として毛利伯郎に師事し、2015年秋よりオランダの名チェリスト、ピーター・ウィスペルウェイに招かれ渡独。デュッセルドルフ音楽大学にてコンツェルトエグザメン(ドイツ国家演奏家資格)を満場一致の最高得点で取得、2021年よりベルギーのエリザベート音楽院にも在籍しゲーリー・ホフマンに師事。更なる研鑽を積みながら、主にヨーロッパと日本で活発な演奏活動を行なっている。


 公益財団法人日本演奏家連盟宗次エンジェル基金、ロームミュージックファンデーション、第44回江副記念リクルート財団奨学生。岩谷時子音楽文化振興財団より第1回Foundation for Youth賞、第6回岩谷時子賞奨励賞、京都青山音楽賞新人賞受賞。第31回出光賞受賞。令和3年度、文化庁長官表彰を受彰。使用楽器は1758年製P.A.Testore(宗次コレクション)、弓は匿名のコレクターよりF.Tourteをそれぞれ貸与されている。